本サイトについて

顔のたるみ解消対策(頬、目の下のたるみ)について!毛穴のしわ、たるみに注意!あごや目元もたるみ解消。産後の抜け毛予防と対策について。産後のホルモンの変化の影響で頭皮の状態が変化します。抜け毛、パサツキ、白髪、フケ、カユミなどの症状が現れます。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

産後の抜け毛予防と対策

妊娠中、色々と体調に変化がありますよね?
つわり、貧血、むくみ、味覚の変化などなど。。。
しかし出産後も体には色々な変化が現れます。母乳がでるのが代表的ですが、骨盤のゆがみや体型の崩れ、抜け毛などがあります。(個人差がありますが)
特に抜け毛、ちょっとシャレになりません…。自分もそうなのですが、ぎょっとするほど抜けることも(>_<)シャンプーしているときや、ブラッシングしているときなど抜け毛の多さにびっくりしますね。
体毛は薄くなったり、生えにくくなったりラッキー♪なんておもっていたのですが、髪となると話は別ですね・・・。かなり深刻です。
シャンプー後は毎回掃除しなくちゃならないほど髪の毛が排水溝につまります。
この抜け毛、なんとかしたいとお思いの方も多いのでは?
まずこの抜け毛を少なくさせるためには手入れは欠かせません。
頭皮マッサージで血行をよくしたり、ストレスで髪が抜けることもあるのでストレスを上手に発散したり。
小さなことからコツコツと、ですね。

産後の抜け毛予防

今までこんなことがなかったのに、産後急に抜け毛が増えて…と心配されている方、いらっしゃいませんか?
私もその一人なのですが、たまに自分でもびっくりするくらい抜けたりします…。
朝起きて枕をみると髪の毛がいっぱい抜けていて、それを見るとかなりブルーな気持ちになります…。
ではこの産後の抜け毛、どうしておこるのでしょうか?
出産前まではこんなことなかったのになぜ!?
実は髪の毛の寿命伸ばしてくれる女性ホルモンが、産後減ってしまうことが産後の抜け毛の主な原因なんです。
上記の原因のほかにも産後は、出産からくる体力の低下、昼夜を問わず3時間おきにおっぱいやおむつ交換を要求する赤ちゃんの世話からくるストレスなども影響しているといわれています。
確かにほとんどといっていいほど睡眠時間はとれませんでした。
この産後の抜け毛トラブル、平均して60%ぐらいの人が体感されるとのことです。
かなりの割合ですよね?この抜け毛を予防するには、
・抜け毛をあまり気にしないこと(一過性のもので、時間が経てば産後の抜け毛は収まります。)
・生活習慣を見直すこと(栄養摂取、睡眠)
ですね。今一度、自分の生活を見直してみてください♪

産後の抜け毛の対策

産後に抜け毛で悩む女性というのは意外と多いはず。
これは産後のホルモンの変化の影響で頭皮の状態が変化することが原因とされています。
このため、産後は抜け毛・パサツキ・白髪・フケ・カユミなどの症状が見られることがあります。(抜け毛だけじゃないんです!)
この症状は、産後はホルモン分泌も元の状態に戻るため、産後3ヶ月〜6ヶ月の間に起きる現象で、時間が経てば自然におさまるものです。
ですが、急に抜け毛が増えるため不安になる女性が多く、ストレスから余計に抜け毛を誘発してしまうことも少なくありません。この抜け毛対策としては、抜け毛の大敵であるストレスをコントロールすることですね。
産後は出産前より大変だと思います。
今までの家事に加え、育児がプラス。
赤ちゃんは3時間置きに泣くし、(3時間置きならマシかもしれません…)毎日眠れない日々が続きます。
少しでも睡眠時間を確保するために、赤ちゃんが眠っているときは自分も休むとか、両親、旦那さんにも子育てを手伝ってもらって、一人で抱えこまないことがポイントですね。
皆さんも上手にストレスを発散してください!

コラーゲンを多く含む食事

年齢とともに、コラーゲンやエラスチンなどの成分が減少してハリがなくなると、表情筋が垂れ下がってしまい、顔がたるんでしまいます。
それ以外の原因があったのです。
それは紫外線・・・紫外線を浴びすぎると、エラスチンが不規則に変形してしまい、塊になり柔軟性がなくなってしまいます。更に、コラーゲンも紫外線の影響で、生産量が減ってしまい、ハリがなくなります。
そして、顔がたるんでしまうのです。
顔のたるみを解消するためには、紫外線に長時間あたらないようにしましょう。
帽子やUVカット加工された日傘をさすなどして、紫外線から肌を守ります。
紫外線対策された化粧品も多く出回っていますので、効果的に利用しましょう。
紫外線から肌のトラブル回避のため、お肌の潤いを保ち、皮脂膜を正常に形成させる事も大切です。
また、コラーゲンを多く含む食事をするよう気を付けましょう。これ以外にも、乾燥肌がたるみには良くないので、洗顔のしすぎで皮脂を取りすぎないようにしましょう。
そして、洗顔後には水分補給を十分に行い、保湿を高めるようにします。
肌に潤いがあると、紫外線が入りにくくなり、紫外線によるダメージが減ります。
後は、規則正し生活、十分な睡眠、適度な運動が大切です。そうすることにより、細胞の入れ替えがスムーズになり、顔のたるみも解消されるはずです。

ストレッチとたるみマッサージで顔のたるみ解消

細胞同士を繋げているコラーゲンやハリの元となるエラスチンの機能は年齢とともに衰えていきます。
更に、肌の乾燥や荒れを防ぐヒアルロン酸の量も減ってしまいます。
そして、表情筋の働きが弱くなり、新陳代謝も悪くなり、顔はたるむ・・・そう、表情筋を衰えさせないように顔のストレッチを行い、筋肉を活性させましょう。
毎朝、鏡の前で、大きな口を開けて「あ い う え お」を三回繰り返し、これでもかと大きく目を見開き、その後は目を力いっぱい閉じます。最後に、耳を動かしてみましょう。
このストレッチにより普段使われていない表情筋が刺激され少しづつ肌がハリを取り戻します。
更にリンパマッサージもオススメです。まず化粧を落とし、蒸しタオルなどで顔全体を温めます。
そしてマッサージを始めます。
最初に、こめかみに人差し指を当てて、クルクルと自分の方向へと軽くマッサージをします。
これを10回〜20回行い、次に、こめかみからホホ骨、頬、あごの順に同じ回数づつ下へ移動させます。
このマッサージを毎日行うことで、リンパ液の流れがスムーズになります。そして顔のたるみが解消されるのです。
毎日コツコツと続けていけば、少しずつ効果が現れていくこと間違いなしです。

肌の弾力を保つコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸

肌の弾力を保つコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの保湿成分を支える細胞が減少してしまうと、十分な水分を保持できなくなり肌にハリがなくなり、顔がたるんでしまいます。
顔たるみ対策としては、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を多く摂取することが重要になります。
金銭的な余裕があれば、美容外科でコラーゲンやヒアルロン酸を直接注入する方法があります。
しかし、通常の生活の中で摂取する方法もあります。
コラーゲンは、肉、魚類などの骨や軟骨、腱、皮、内臓などに多く含まれています。
エラスチンは、牛スジ肉、手羽先、軟骨、煮魚などに多く含まれて、夜間に摂取すると肌への作用が高まるようです。
ヒアルロン酸は、フカヒレスープや鳥の手羽などの食品に多く含まれています。
ヒアルロン酸には、細胞が壊された時に細胞を修復するという働きがあります。
コラーゲンの生成に必要なビタミンC、血行を促進するビタミンEも摂取しましょう。
食事などで摂取するのでは足りない場合は、サプリメントと組み合わせると良いでしょう。

産後の抜け毛対策
産後の抜け毛予防
産後の抜け毛の対策
顔のたるみ解消対策(頬、目の下)
コラーゲンを多く含む食事
ストレッチとたるみマッサージで顔のたるみ解消
肌の弾力を保つコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品