本サイトについて

花粉症の注射には注意しましょう。花粉症のステロイド注射は止めたほうがいいと思います。花粉症を注射で治すことは危険を伴います。ポリフェノールの効果を検証。カカオ、ワイン、チョコレートなどにポリフェノールは満載。効果が期待できます。赤ワインや緑茶にもポリフェノールが入っていますね! 

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

注射一発で花粉症が治る!?

止まらないくしゃみ、鼻のムズムズ感、目のかゆみ……こんなにツラい花粉症が、「注射一発で治る! しかもその効果は一ヶ月持続する!」と聞けば、「ぜひやってほしい!」と飛びつきたくなるのが人情というもの。
実際、多くの花粉症の患者さんが、クチコミ情報などをもとに、わざわざ遠方から「花粉症が一発で治るという注射を打ってほしい」と施設に足を運んでいます。
なぜ遠方から来るかといえば、それはそういった注射をする施設が全国でも限られているからです。それでは、なぜこういった花粉症治療をしてくれる施設が少ないのでしょうか? 
そんなに効果的な注射があるなら、どこの病院でも処方してくれたらいいのに……と誰もが思いますよね。
もちろんそれにはちゃんと原因があります。
花粉症の「注射療法」には、日本アレルギー学会が推奨する「良い注射療法」と「避けるべき注射療法」があるんです。
そして「一発打てば一ヶ月効果が続く」というような注射は、まず間違いなく花粉症には「避けるべき注射療法」に当たります。

危険な花粉症の注射

ステロイドこの「一発打てば一ヶ月効果が続く」という注射の正体は、副腎皮質ステロイドという強い薬物です。このステロイド薬は1回注射すると、注射した部位からゆっくりとステロイドが継続して体内へ入っていきます。
どのくらいゆっくりかというと、その期間は約3〜4週間。
この期間中ステロイドが連続して作用し続けるため、花粉症の症状が約一ヶ月抑えられる、というわけです。
これだけ聞くと「効果が長く続くのだからいいじゃないか」と思ってしまいがちです。
しかし、ステロイドというのは副作用の出やすい薬なのです。
その副作用というのも、糖尿病誘発、感染抵抗力低下、肥満、高血圧、骨粗しょう症など、軽視できないものばかり。
しかもそういった副作用をきちんと説明してくれる施設は少なく、気づいたらステロイド依存症になっていたばかりか、一生付き合わなくてはいけない余病に苦しめられる……なんて事態も起こっているのです。
この「一発打てば花粉症が治る」という注射を行っている施設は、注射する薬品名すら教えてくれなかったり、保険が効かないからと言って高額な医療費(注射一本に1〜2万も!)を請求したりといった杜撰な対応をしているところも多くあるようです。
医師の対応に疑問を感じ、その説明が十分にされないようなら、その花粉症治療は避けた方が懸命です。とりあえずの症状を抑えるために、一ヶ月続く、あるいは一生モノの副作用をもらいたくはないですよね。
そもそも花粉症治療は他にも有効な方法がいくつもあるのですから……。

根治を目指す花粉症の「減感作療法」

それでは、日本アレルギー学会が推奨する「良い注射療法」というのはどのようなものなのでしょうか。
通常、花粉症治療には薬物療法が行われます。
局所・あるいは全身に、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などを投与する方法です。内服薬や目薬、点鼻薬などですね。
花粉症で病院にかかった方は、こういった「おくすり」はおなじみなのではないでしょうか。
しかしこういった薬は、「対処療法」と呼ばれ、とりあえずの症状を和らげるのには効果的ですが、完治を目指すものではないのです。
そもそも花粉症はアレルギー性疾患ですから、アレルギー症状の元となる原因物質(アレルゲン)を取り除いてやらなければいけません。
しかし日常生活で、アレルゲン(スギ花粉等)を完全にシャットアウトするなんていうのは不可能ですよね。
そこで人体の方にアレルゲンを馴れさせていく、という方法がこの「減感作療法」なんです。
「減感作療法」ではアレルゲンエキスを、長い時間をかけ少しずつ注射していきます。
その治療期間は2〜3年と聞けば、「そんなにかかるの?」と思う方もいるかもしれませんが、前述した通り、この治療法は症状を抑えるだけではなく根治を目指すものですから、成功すればそれ以降は薬いらずの生活が待っているんです。
「良い注射療法」とされるこの減感作療法、長年花粉症に苦しめられてきた方には、まさに朗報と言えそうです。

こんなものにもポリフェノール効果

ポリフェノールとは、一つの成分として思われていますが、ポリ(たくさんの)フェノールという意味で、ほとんどの植物に含有され、その数は5,000種以上に及ぶ植物成分の総称です。
赤ワインやチョコレートが有名ですが、意外な食材や効果があります。緑茶で有名なカテキンには、殺菌作用、血中コレステロール低下、高血圧予防といった効果があり、ワイン、リンゴ、ブルーベリー、緑茶に多く含まれています。
赤紫色の色素成分であるアントシアニンには、肝機能向上、疲れ目解消に効果があり、ブドウの実皮やムラサキイモ、ブルーベリーに多く含まれています。
渋味成分であるタンニンには、殺菌効果があり、赤ワイン、柿、バナナ、お茶などに含まれています。
赤ワインやお茶をを飲んだときに残る口の中の渋みはタンニンなのです。
女性に注目されているイソフラボンには、アンチエイジング効果など女性ホルモンに作用され、大豆や大豆加工商品(豆腐、納豆など)に多く含まれています。クロロゲン酸には、消化器、代謝性疾患を改善する作用があり、コーヒーに多く含まれています。
それ以外にも、蕎麦にはルチン、イチゴには美白効果のあるエラグ酸、ゴマにはリグナン、ウコンにはクルクミン、サクラの葉、パセリ、モモ、柑橘類にはクマリンというポリフェノールの成分が含まれているのです。

上手にポリフェノールを摂取して効果UP

フランスの研究で、すっかり有名になったポリフェノールには、様々な病気予防や効能があります。
脳梗塞や動脈硬化の予防、活性酸素の抑制、高血圧の予防、肝機能の向上、ホルモン促進、殺菌効果、糖尿病の改善、細胞の老化防止、がん予防などが挙げられます。
ただ、ポリフェノールは効果時間が短いという特徴があります。
摂取してからの持続効果は通常3〜4時間といわれ、1日に3回を目安に適量を摂取することをオススメします。
各食事の際にポリフェノールを多く含む食材を意識した食事をしたり、サプリメントを摂取したり、バランスよく取り込む必要があります。
ポリフェノールを多く含む食材の特長として、渋味や苦味が強く(赤ワイン、緑茶、柿など)その植物自体の色が濃いもの(ブルーベリー、紫イモ、ウコン、カカオなど)があげられ、その中でも表皮、種子に多く含まれています。
ポリフェノールは熱に強く、壊れにくいので調理する際に気をつけることはありません。
寒い冬には、赤ワインにリンゴ、レモン、オレンジなどを皮ごと煮立たせたホットワインなどいいかもしれませんね。

チョコレートでポリフェノール効果

バレンタインデーではチェコのポリフェノール効果を送ろう。
一躍、ポリフェノールという名が世の中に浸透したのには、チョコレートと赤ワインの存在なしには語れません。
チョコレートやココアに使用されるカカオとは、南米原産のカカオの木になる実を、自然発酵そして乾燥したものが、カカオマスと呼ばれる原料です。
このカカオには、多くの種類のポリフェノールが含まれ、アルコール性肝臓障害の予防にもよいようです。
ブランデーを飲むときにチョコレートが欲しくなるというのは、甘いもの好きというよりも、身体が解っているのかもしれません。
ただチョコレートやココアは、カカオだけで出来ているわけではなく、脂肪、糖分、澱粉などを含んでいますので、取りすぎ・呑みすぎには注意しましょう。
カカオを使用したココアの飲み物のポリフェノールの含有量は6%ほどと低く、あまりポリフェノールは多く含んでいないようです。今年のバレンタイデーには、ポリフェノールを多く含むオレンジのピールにチョコレートがコーティングされたものを選ぶといいかもしれません。

花粉症の注射
危険な花粉症の注射
根治を目指す花粉症の「減感作療法」
ポリフェノール効果
こんなものにもポリフェノール効果
上手にポリフェノールを摂取して効果UP
チョコレートでポリフェノール効果
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品