本サイトについて

妊娠の股関節の痛みはストレッチや柔軟体操、マッサージが有効です。また、産後など女性の抜け毛予防について解説。抜け毛対策は万全にしておきましょう。産後の抜け毛予防と育毛サプリメントについてなど。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

娠と股関節痛の意外な関係

妊娠と股関節痛には意外な関係性があります。
妊娠しておなかの赤ちゃんが日増しにおおきくなってくると下半身にトラブルが発生しやすくなります。
おおきくなった子宮が内臓や血管を圧迫するためですので、ほとんどのトラブルは出産と同時に解決します。
そのことをふまえて、妊娠と股関節痛の意外な関係についてふれていきましょう。
妊娠による股関節痛ですが、出産が近くなるにつれ赤ちゃんが重くなり、その重さでさがってくるためにおこります。恥骨や股関節が圧迫されるためですね。うえから押さえつけられるから痛い。
圧迫による痛みとは別に、股関節がゆるんでくるのも痛みの原因になっています。
出産が間近のため、赤ちゃんがでてきやすいように体が準備をはじめているんですね。
妊娠と股関節痛の対策ですが、妊婦体操をおこなって股関節をほぐしてやると痛みが和らぐケースもあります(妊婦体操では個々人によって効果が違うので、効き目のないかたもいるかもしれません)。
いずれにせよ、赤ちゃんが産まれたあとは股関節痛も解消されるでしょう。股関節痛がはじまったということは出産が間近ということです。
もうしばらくの辛抱ですのでがんばってくださいね。

妊娠による股関節痛にはマッサージが有効

妊娠による股関節痛にはマッサージが有効だとする説があります。
妊娠による股関節痛というのは、赤ちゃんの重みで圧迫されたうえに、出産の準備で股関節自体がゆるくなっているためにおこります。
もういっぽうで、妊婦さんが赤ちゃんを保護する姿勢をとるために、背骨の周囲の筋肉が硬くなるケースもあります。こっているといってもいいかもしれません。
そのこった筋肉が股関節に通じている神経を圧迫しているために痛くなるんですね。妊娠と股関節痛にはマッサージが有効かというのは、この筋肉が硬くなるケースについていっています(妊娠中のマッサージは慎重を要しますので経験のあるかたにしてもらうほうが安心ですよ)。
残念ながら、赤ちゃんの重さによる圧迫や、ホルモンによる股関節のほぐれ等の、出産の準備にかかわる体の変化にマッサージは効きません。赤ちゃんが産まれれば股関節痛も治ります。
股関節が痛いということはゴールも近いということです。がんばってくださいね。
腰の筋肉が硬くなって股関節痛をひきおこすケースなら、お風呂に長くつかるというのも手です。
股関節痛が完全に治るわけではありませんが症状は緩和されます。血行がよくなってコリがほぐれるためですね。

妊娠と股関節痛の豆知識

妊娠と股関節痛の豆知識について調べたことを書いておきます。
なにかのお役にたてば幸いです。妊娠と股関節痛の関連は妊婦さんのお腹のおおきさにあります。
お腹がふくらんでくると、体の重心が前にかたむき、腹筋に力をいれづらくなります。腹筋に力がはいらないと腰に負担がかかり、腰の筋肉が硬くなってしまいます。
腰の筋肉が硬くなると腰痛をおこすのはもちろん、股関節へつながっている神経も圧迫されてしまいます。そのため股関節痛をひきおこすんですね。妊娠と股関節痛の豆知識はまだ続きます。
いざ出産するとき赤ちゃんがでやすいように、妊婦さんの股関節はやわらかくなります(正確にいえば骨盤と背骨をつないでいる関節とじん帯がです)。
やわらかいために安定しづらく、痛みを引きおこしてしまいます。
これはホルモンの変化によるものなので、妊婦さんにはどうしようもありません。
妊婦さんができるだけ痛みを感じないように、日々の生活では旦那さんがサポートをしてあげましょう。
また、妊娠と股関節痛に効果のある妊婦体操をしてみるのもいいかもしれません。
試したかたの多くは股関節痛がやわらいだと喜んでいます。
残念ながら妊婦体操でも股関節痛がなくなるわけではありません。
治るのは出産後を待つしかありません。

産後の抜け毛予防と女性ホルモンの関係

産後の抜け毛予防を語る前に、まずは妊娠期間中の毛髪からふれていきますね。
妊娠した女性の身体は出産のための準備をはじめます。
通常よりも女性ホルモンが分泌されるのも出産準備のためです。
その女性ホルモンの影響で、妊娠期間中は毛髪の寿命が長くなっています。
寿命が長いということは抜け毛も少なくなるということです。では、産後についてみていきましょう。
赤ちゃんが産まれたあとは、ホルモンのバランスが通常と同じ状態になろうとします。
そして、ホルモンバランスはゆっくり戻るのではありません。ダイエットのリバウンドと同じで急激に元の状態へと戻ります。
妊娠期間中にのびていた髪も急激に成長をやめ寿命をむかえてしまいます。
結果、産後の女性は一時的に抜け毛が多くなるのです。時間がたてば抜け毛も落ちついてくるでしょう。
心配することはありません。心配することはないといわれても、やはり抜け毛は気になるものです。
産後の抜け毛予防として頭皮マッサージをオススメします。
両手をひらいて頭全体を包むようにしてください。あとは指の腹や手のひらでやさしくもめば、頭皮の血行がよくなって毛髪の寿命がのびます。
抜け毛も少なくなるでしょう。

産後の抜け毛予防と分娩後脱毛症

産後の抜け毛予防は焦らないことが肝心です。
女性用の育毛シャンプーや育毛剤を試し、効果がないとまた別のメーカーの育毛商品に手をだす。
そんな行為はやめておいたほうがいいでしょう。
育毛シャンプーや育毛剤には相性がありますので効果を実感できないことも多いのです。
しかも、ほとんどの育毛関連商品は即効性ではありませんので継続使用してはじめて効果があらわれるのです。
そして、産後の抜け毛で忘れてはならないのが一時的な現象だということです。
産後の女性で抜け毛が多くなる症状は分娩後脱毛症とよばれています。その仕組みも解明されています。
妊娠した女性は出産準備のためにホルモンバランスが偏ります。その影響は髪の毛にもおよび、妊娠期間中は抜け毛が少なくなります。
ですが、出産後はホルモンバランスが元に戻ります。
このホルモンバランスの急激な変化により、毛髪の成長サイクルに狂いしょうじます。
一時的に抜け毛が多くなるんですね。だいたい半年から1年といわれています。
産後の抜け毛は前述したように一時的な症状ですので、焦って育毛シャンプーや育毛剤を使わなくても元に戻ります。
どうしても気になるようなら頭皮マッサージをするくらいにとどめておいたほうがいいでしょう。
使用した育毛剤が肌にあわずにかえって抜け毛を促進させてしまうかもしれませんしね。

産後の抜け毛予防と育毛サプリメント

産後に抜け毛が多くなったというかたは、おそらく分娩後脱毛症だろうと思われます。
日本人女性の半数は分娩後脱毛症になるといわれています。分娩後脱毛症というとおおげさに聞こえますが、出産のための準備によってホルモンバランスが偏り、産後に一時的に抜け毛が多くなる症状のことなんです。
長くても1年ほどで元の抜け毛量に戻るそうです。ですが、髪は女性の命ともいわれています。産後だからしかたない、一時的だからガマンしよう。
そうやって納得しようとしてもむずかしいだろうと思います。
最近は女性用の育毛シャンプーや育毛剤も販売されるようになりました。
効果のほどは個人差がありますし、分娩後脱毛症であればへたに頭皮に薬品をつけるのはオススメできません。
育毛用のサプリメントも発売されていますので、そちらをお試しになるほうがいいのではないでしょうか。
育毛用のサプリメントも個人差で効果がでない場合もありますが、頭皮を直接いじるよりも身体にやさしいでしょう。
また、産後の抜け毛予防に効果があるといわれているのが頭皮マッサージです。
指の腹や手のひらで頭皮をやさしくもみほぐす行為です。
血行がよくなって毛髪にいい影響がでるようです。
頭皮マッサージはいますぐはじめられますのでさっそくやってみてくださいね。

妊娠と股関節痛の意外な関係
妊娠による股関節痛にはマッサージが有効
妊娠と股関節痛の豆知識
産後の抜け毛予防
産後の抜け毛予防と女性ホルモンの関係
産後の抜け毛予防と分娩後脱毛症
産後の抜け毛予防と育毛サプリメント
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品