本サイトについて

乱視の矯正回復には、レーシック手術や使い捨てコンタクトレンズ、メガネなどを使用します。乱視の原因を理解して手術などで乱視を治療して回復することも可能です。また、イントラレーシック手術の口コミ(クチコミ)情報などを紹介します。失敗や失敗例の少ない手術について解説します。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

レーシックとは?

最近、視力回復手術がはやってますよね。その名もレーシック。
レーシック(LASIK)とはLaser in situ Keratomileusisの略で「角膜実質層にフラップを作り、ケラトミレイシスをする」という意味なんです。っていわれても、意味がわかる人なんてほとんどいませんよね。
フラップって何?ケラトミレイシスなんて聞いたことがない!という方がほとんどでしょう。
それに手術って聞くとなんだか痛そうだし、失敗したら失明するんじゃないかと、心配はつきません。
いくら安心できるとはいえ、レーシックを受けるなら、やはり基礎知識程度は知っておいたほうがいいでしょう。
ということで、まずは手術の流れを簡単に説明したいと思います。
レーシックとは、角膜を薄皮一枚めくり(この作業をフラップといいます)、レーザー(マイクロケラトームという超小型電動カンナを使用エキシマレーザー)を照射してフタをする手術のことを言います。
でもレーザーを当てるだけで本当に視力回復するの?
その答えはとても簡単です。近視や遠視は屈折異常によって焦点が合わずピンボケしている状態。
そのため普通はコンタクトレンズなどで焦点を合わせて、視力を矯正します。
レーシックは屈折異常の原因のひとつである角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、屈折異常を根本から治す手術なんです。

失敗や失敗例の少ないイントラレーシックとは?

レーシックのポイントは、「フラップ」の作成技術がポイントになります。フラップとは、角膜表層部を機械で丸く切りぬいたふたのような膜のこと。
通常のレーシックでは、マイクロケラトーム(フラップを作成する眼球専用の超小型電動カンナ)を使用します。しかし、イントラレーシックではこのフラップ作成にレーザーを用います。
それにより、より安全で正確な施術が可能となりました。それで一体なにがかわったのかというと、レーシックと、イントラレーシックの違いを説明する必要がありますね。
まず、レーシックでは、マイクロケラトームを使用します。
この場合ブレードによる往復運動で生じるフラップの微小なスジが、術後の視界のクリアさなどを低下させることがあり、夜間に灯りの周囲がボヤけて見えるハロという副作用が起こる可能性があるのです。
しかし、イントラレーシックはレーザーで施術をおこなうため、術後、ハロの発生を大幅に押さえることが可能になりました。
気になるイントラレーシックの手術費用は眼科で確認してください。

イントラレーシックの実力

また、従来のレーシックでは、術後ドライアイになってしまうということがありましたが、イントラレーシックの場合、角膜への負担が大幅に軽減され、ドライアイの発生率を抑えられるようになりました。
その理由は?レーシックのフラップ作成は金属刃を使うため、レーシックに比べ角膜への負担が大きく術後のドライアイ発生率もイントラレーシックと比較すると高くなってしまいます。
しかしイントラレーシックはフラップ作成時に角膜への負担が非常に少なく、術後の回復もレーシックに比べて優れているのです。
また、レーシックではレーザーで切除した角膜から一番奥、内皮までの部分(ベッド)が厚いほど術後の視力が安定するといわれています。
通常のレーシックでは角膜の厚さ約400マイクロの範囲で屈折矯正を調整します。(マイクロケラトームではフラップの厚さを一定にすることが難しく、残っている角膜の厚さが問題となります)しかし、イントラレーシックでは角膜の厚さは約450マイクロ残されているのでレーシックよりも屈折矯正を行なえる角膜厚の範囲が広いのです。
その証拠に、レーシックの実績は術前平均視力0.18→1.23なのに比べ、イントラレーシックでは、術前平均視力0.16→1.61と、ほとんどが1.0以上の視力に回復しているのです。
安全でしかも視力の回復率が高いのであれば、みなさんもイントラレーシックを選ばない手はないですよね?
後遺症や再手術の可能性がかなり低いと評判のイントラレーシック、おすすめです。

乱視のメカニズム:矯正と回復

乱視のメカニズムについて説明しよう。
眼球の直径は総体的に約2センチ程度だ。眼球の奥に視神経がつながっており、脳に至っている。眼球の内部は空洞ではなくて、硝子体が満ちておりその機能を保護している。
瞳孔は水晶体と虹彩と呼ばれる筋肉でなっていて、虹彩が延びたり縮んだりする事で瞳孔の大きさが変わり、それが眼のピント合わせを行っている事になる。
簡単に言えば視力が落ちる現象とは、虹彩の筋肉の衰えが原因なのだ。眼に入る光を整えているのは、この水晶体ではなく、水晶体を保護している角膜と空気が光に屈折を与え、像として視神経を刺激するのだ。
視神経は眼球内部で網膜と呼ばれる。
光の強さ弱さを感じたり、物の色や形を識別する専用視細胞がある。乱視とは角膜や水晶体の湾曲が、正しい球面になっていない為に起こる。
光の入射面が均一ではない為、眼球に入る光の焦点距離に差が生じそれがボヤケて見えたり、ダブって見えたりするのだ。
しかしどうして乱視になってしまうのか。乱視の原因の多くは後天的ではなく、ほとんどは先天的らしい。
どうやら乱視になる人は、遺伝子的にそれを約束されてしまっているのだ。

乱視の種類

乱視には不正乱視と正乱視がある。不正乱視は角膜が傷付けられ凸凹になってしまった状態を言う。
これは角膜の疾患が原因で起こる、後天的乱視の原因だ。正乱視とは縦横どちらかの面方向に対して、強く湾曲してしまっている現象を言う。
これには3種類が認められている。直乱視。縦方向の湾曲が強い症状を主に言う。
倒乱視。横方向の湾曲が強い症状を主に言う。斜乱視。斜め方向の湾曲が強い症状を主に言う。
更に屈折段階に於いて発生する乱視もある。
単乱視。縦横どちらかの方向が正視である症状を言う。
正視方向が近視の場合だと近視性乱視となり、遠視の場合だと遠視性乱視となる。
複乱視。縦横どちらの方向もが近視或いは遠視である症状を言う。
近視性複乱視及び遠視性複乱視と言う。雑性(混合)乱視。
例えば縦方向に強く近視、横方向に弱く遠視である症状を言う。
若く軽度の乱視では自覚はないが、それでも年齢を重ねて行く毎に症状が重くなる事がある。
これには視力影響したり、片方の眼で見ても二重に見えたり、眼が非常に疲れたりする事もある。
又、夜が見えにくくなったり、電光掲示板の文字がにじんで見えたりする。

乱視の矯正回復

メガネを使った乱視の矯正。
円柱レンズと呼ばれる物で眼球内部の光の屈折を補うのだ。
乱視の症状に因って球面レンズで視力を補ったりしている。乱視のコンタクトレンズを使った矯正。
通例ではコンタクトレンズでの矯正はハードを使う物と思われていた。しかしソフトも使えるのだそうだ。
最近では使い捨ての物もあるらしい。特に角膜が原因の不正乱視にはコンタクトレンズが使われている。
手術やレーザーに因る乱視矯正(レーシック)。
メガネやコンタクト、コンタクトレンズを嫌う人は手術やレーザー治療(レーシック)で矯正する方法もある。
現在はレーザー技術が進み、その利用範囲は多岐に渡っている。
眼へのレーザー照射と聞いて、恐怖心を覚えてしまうが、超局所施術法としては最適な道具だ。
乱視の矯正回復についてはいろいろな方法があるので自分に合ったものを試してみましょう。

イントラレーシック手術
失敗や失敗例の少ないイントラレーシックとは?
イントラレーシックの実力
乱視の矯正と回復
乱視のメカニズム:矯正と回復
乱視の種類
乱視の矯正回復
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品