本サイトについて

アスタキサンチンの抗酸化効果について紹介。アスタキサンチンは化粧品やサプリメントにも含まれていて、紫外線カットに効果があります。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

アスタキサンチンの効果について?

アスタキサンチン(Astaxanthin)とは、鮭・海老・蟹・ロブスター・緑藻・緑黄色野菜など主に海洋生物に多く含まれている赤い色素のことで、唐辛子のカプサイシン、トマトのリコペンやニンジンのベータカロチンなどと同じで天然カロチノイドの一種です。
鮭は、産卵の時期になると力強く川を上がってきて、そのエネルギーの源である実は身の蓄えられている赤い色したアスタキチンといわれています。
その健康なパワーは、ビタミンEの約1000倍もあるといわれており、現代を生きる私たちのとって、待望の健康・美容成分として注目されています。
また、カロチノイドには、ベータカロチン、アルファカロチン、リコペンなどのカロチン類とアスタキサンチン、ツナキサンチン、ゼアキサンチン、ルティン、カンタキサンチンなどのキサントフィル類とがあります。アスタキサンチンは体にダメージを及ばすフリーラジカルや、一重項酸素などの活性酸素を減らす働きがあるため、ビタミンE、ビタミンC、ベータカロチン、ルティンなど他の抗酸化物よりも更に効果的な抗酸化作用が高いのが特徴です。

アスタキサンチンVSコレステロール

アスタキサンチンは血中の活性酸素を減らし、また血中の悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを増やす働きがあります。コレステロールは脂肪の一種でたんぱく質と結びつき、リポタンパクとして血液中を循環しています。
善玉コレステロールといわれるHDLは細胞の余分な脂肪を肝臓に運ぶ働きがあり、また、悪玉コレステロールと知られているLDLは逆にコレステロールを細胞に運んでしまいます。
HDLとLDLが活性酸素にさらされると、この機能が低下してしまい、運ばれるはずのコレステロールが血管の内部にたまってしまい、動脈硬化の原因となって、脳梗塞、狭心症や心筋梗塞などに発展してしまいます。
また、アスタキサンチンはすでに詰まってしまった血管が再還流する時に発生する活性酸素の害を最小限に抑える効果があります。コレステロールでできている細胞膜は活性酸素の害により酸化して、酸素や栄養素を取り込んだり老廃物を排出したりする機能が低下して、細胞の老化や細胞死につながりますのでアスタキサンチンで予防することをおすすめします。

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンの効果として、紫外線によって起こる体へのダメージやストレスを緩和する役割を果たしていることがわかっています。
アスタキサンチン自体は紫外線を吸収する働きはありませんが、その高い抗酸化力でダメージを和らげます。紫外線はしみ、しわ、皮膚がんや光線皮膚症などを引き起こし、年齢以上にお肌を老化させてしまいます。
ベータカロチンは日焼けなどの紫外線のダメージを緩和させますが、ベータカロチンと似た構造でより高い抗酸化力を持つアスタキサンチンがより紫外線のダメージに耐えることがマウス実験にて証明されています。
また、活性酸素を除去する働きのあるアスタキサンチンは細胞自体の老化を防ぎます。
アスタキサンチンは細胞のミトコンドリアレベルでのエネルギー製造をより効果よくする働きもあるため、運動をする際などの持久力を上げる効果もあることがわかっています。
アスタキサンチンの抗酸化力のすばらしさは最近になってわかり、大量の培養する技術やまた効率のよくい抽出の方法が開発され一般に普及するようになりました。

アスタキサンチンの抗酸化などの効果とは

アスタキサンチンとは、トマトのリコピンや、にんじんなどに含まれるβカロチンなどで知られている「カロチノイド」という成分の1つで、主に鮭やいくら、カニ、エビ、など海洋生物に多く含まれている赤い色素成分のことをいいます。
数年前からアスタキサンチンという名前をよく聞くようになりましたが、特に抗酸化効果に注目されています。抗酸化力とは、病気や老化の原因と言われている「活性酸素」を排除する力のことであり、アスタキサンチンの持つ抗酸化力は、非常に強く、海の生物のなかでは、1番強力ビタミンEのであり、約1000倍のパワーがあるそうです。
アスタキサンチンは、他にも、血行を促進したり、筋肉疲労の改善などの効果も期待できます。また、美容業界でも、アスタキサンチンの抗酸化力に注目しており、アンチエイジング効果として、アスタキサンチン配合の美容液やクリームなどがいろいろと出回っています。
アスタキサンチンは、健康にも美容にも有効な成分として、今後も期待されることになると思われます。

アスタキサンチンを含む食材の抗酸化効果

アスタキサンチンは、私たちが普段食べている食材からも摂取することができます。
その中でも1番多く含まれているのが鮭だといわれています。鮭の種類によっても違いがあるようで、ダントツは、紅鮭で切り身1切れに約3mgのアスタキサンチンが含まれています。
白鮭の場合では、約1mg程度ですので、紅鮭はかなり多いことになりますね。
あの赤い色はアスタキサンチンによるものなのです。鮭は、川を遡って産卵することで知られていますが、それは非常に過酷です。
さらに浅瀬では、紫外線を大量にあび、活性酸素を発生するのですが、元気に産卵場所まで戻ってきます。
そのエネルギーの源は、アスタキサンチンといわれています。鮭は、自然界で最高の抗酸化成分だといわれている「ヘマトコッカス藻」を食べて、アスタキサンチンを摂取していますので、活性酸素を排除してくれるのです。
鮭のほかにも、エビやカニ、海産物などにも含まれていますので、積極的に摂ることをおすすめします。
抗酸化作用もありますよ。最近では、アスタキサンチンの効果や効能を手軽に得ることができるサプリメントも見かけるようになりました。

アスタキサンチンの抗酸化力とその他の効果について

アスタキサンチンの抗酸化力が注目されている理由は、活性酸素の中でも、特に毒性が強いといわれている「一重項酸素」を抑制するからです。
「一重項酸素」は、紫外線を浴びると皮膚細胞で大量発生します。
この「一重項酸素」に対しての抑制パワーは、ビタミンEの100倍以上、そしてβカロチンの10倍以上だということがわかっています。
また、人間は、血液中の脂質が増えると、血液の流れが悪くなり、動脈硬化などの進行を早めるといわれています。
アスタキサンチンは、脂肪に溶けるという性質があり、脂肪に溶けて細胞の中に入り込み、活性酸素を消去してくれるので、脂肪でドロドロになった血液をサラサラにしてくれます。
さらに、血液脳関門を通過できるので、脳内の毛細血管の血行を改善したり、眼精疲労を回復させたりする効果も認められています。
他にも、悪玉コレステロールの低下や、ストレスによる免疫力低下の抑制、生活習慣病などにも有効であり、健康を維持していくためには、非常に重要な栄養素であるといえます。

アスタキサンチン抗酸化効果
アスタキサンチンVSコレステロール
アスタキサンチンの効果
アスタキサンチンの抗酸化などの効果とは
アスタキサンチンを含む食材の抗酸化効果
アスタキサンチンの抗酸化力とその他の効果について
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品