本サイトについて

アデノウイルス感染症の症状について解説します。アデノウイルスはいろんな病気を起こします。アデノウイルスはインフルエンザウイルスの次に人の体から検出される頻度が高いです。溶連菌感染症は大人にうつります。潜伏期間がありますが、発疹などが出ます。溶連菌感染症の症状、治療と予防を理解しておきましょう。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

アデノウイルスとは

インフルエンザウイルスはあまりにも有名であるため、知らない人はいませんが、このアデノウイルスはインフルエンザウイルスの次に人の体から検出される頻度が高いのです。
アデノウイルス感染症は特に季節性がなく、その症状も軽いカゼ程度から重症の扁桃腺炎や肺炎、さらには結膜炎や嘔吐下痢症などバラエティに富んでいます。
また、扁桃腺炎や結膜炎などはその症状が非常に強くて、細菌感染によるものと見分けがつかないことが度々あります。
細菌性のものでは通常、抗生剤が効くのですが、アデノウイルスによるものであると抗生剤が効かないため、外来で治療していても一向に熱が下がらないことがよくあります。
幸い多くの場合、時間さえ経てば自然に治るのですが、その間、治療する方もされる方も不安な気持ちになるものです。
抗生剤が効かない細菌感染なのか、例えば川崎病のような他の病気なのか、最後まで判断に困るケースがあるためです。
しかし最近、綿棒で拭い取ったのどの浸出液や便を調べることによって、その場で簡単にこのアデノウイルスの感染を診断することができるようになりました。

アデノウイルス感染症の症状

アデノウイルスはいろんな病気を起こします。
概して潜伏期は5〜7日で、感染経路は便、飛沫、直接接触によります。免疫がつきにくいため何回もかかることもあります。
アデノウイルス7型は重症の肺炎を起こすことで知られています。アデノウイルス3型は、咽頭結膜熱(プール熱)を起こします、高熱が3〜7日持続し、扁桃腺が腫れ、のどの痛みを訴えます。
両目または片目が真っ赤に充血し、目やにが出ます。
夏にプールを介して流行することがあるため、プール熱とも呼ばれていますが、プールに入らなくても飛沫や糞便を通して感染します。
流行性角結膜炎は、アデノウイルス8型が起こします。目が充血し、目やにが出ますが、咽頭結膜熱のように高い熱はなく、のどの赤みも強くはありません。
学校伝染病の一つで、伝染の恐れがなくなるまで登校禁止となります。
嘔吐・下痢などのアデノウイルスによる腸炎は、腸重積を起こす原因になると言われています。
アデノウイルス11型は、排尿時痛があり、真っ赤な血尿が出ます。また無菌性髄膜炎も他のウイルスによる髄膜炎同様、発熱、嘔吐、頭痛が主な症状です。

アデノウイルス感染症の治療

アデノウイルス感染症の治療はウイルスそのものに対する薬はなく、細菌の混合感染を防ぐために抗生剤を使ったり、熱や脱水症状に対する対症療法しかないのですが、一部の重症例を除いて、時間さえたてば自然に治るだろうと予想することができるようになりました。
重症例や難治例にはステロイドやガンマグロブリン(ヒト免疫グロブリン)が効果があることがあります。
体内にウイルスに対する抗体が出来るまで待つしかありません。
高熱で痛みのある時などは、解熱鎮痛剤の内服や坐薬を使います。
眼の痛みや赤みが強い時、眼脂が多い時には、細菌などの2次感染を予防する抗生剤や、炎症を抑える目的で抗炎症剤(ステロイド剤)の目薬を使います。
脱水や食欲低下に対しては、点滴を行います 。
予防対策は、家族の間で、タオルや食器の共有は避け、別々にしましょう。
唾液や、鼻水、涙によりうつりますので、同じ鍋や大皿をつついたりするのは止めましょう。
また、残り物を食べたり、同じコップを使うのもいけません。
アデノウイルスは 55℃、30分で失活します。
また、キッチンハイターへ2時間浸け置きしても消毒できます。高熱が出たり、ひいたりが 5 日間くらい続きます。熱のひいている時は比較的元気です。
この時に、シャワーを浴びたり、欲しがる物を食べさせましょう。
お風呂に入る時は一番最後に入る様にします。

溶連菌感染症とは?大人にも?

溶連菌感染症とは、A群β溶血性連鎖状球菌という細菌が原因で起こる病気を総称して、「溶連菌感染症」と呼ばれています。溶連菌感染症の症状は、急に高い熱が出てきて、咽頭や扁桃腺に感染し、のどの痛みとはれ、頭痛、体や手足の発疹が出るなどの症状で、また、吐き気などの腹部症状が出る場合もあったり、首のリンパ節が腫れたり、中耳炎や筋肉痛、関節痛などもあらわれることもあります。
その後、数日たつと、小さな発疹が全身にたくさん出てきます。溶連菌感染症は、はじめに白いコケがついてきて、3〜4日経つと、舌が赤くブツブツとしたイチゴのようになってしまうのが特徴です。
また、一週間くらいしてから、手の指先から皮がめくれることもあります。溶連菌感染症は、幼稚園や保育園、学校などでくしゃみや唾液などで感染してしまう病気なので、近くでしゃべることでうつります。
溶連菌感染症がうつってから症状が出るまでは2〜3日ほどだといわれています。

溶連菌感染症の症状について

溶連菌感染症の咽頭炎の症状が出るまで約2〜5日ほどで、主に2歳から10歳頃の子供に多く(特にピークは5歳から10歳)、成人には少ないといわれています。
また、溶連菌感染症は、季節的には12月から3月に一番多く、7月から9月が一番少なく、症状として、咽頭炎・扁桃腺(発熱は90%以上、のどが痛い、のどが赤い、扁桃腺に白いものがついているため口臭があり、血液の混じった黄色いタンが出る)、口蓋の点状紅斑・点状出血斑(口の中ののどちんこを中心に赤く小さい点状の出血班が出る)、イチゴ舌(舌の表面が、イチゴの表面のように発病して2〜4日後になる)、全身発疹(顔や股のところに、小さく赤い発疹が発病して1〜2日後に多数でてかゆみを伴う)、皮膚落屑(いろいろな症状が消えた後5日〜6日後に手足の指先から皮がめくれてくる)、その他の症状(頭痛・だるいなどの発熱に伴う症状)。
またせきや鼻水などの一般的な風邪の症状は、他の感染症に比べると少なく、嘔吐を伴うことはありますが、下痢をすることはありません。
子供に多いですが、溶連菌感染症は大人にも移ります。

溶連菌感染症の治療と予防について

溶連菌感染そのものは、普通の抗生物質を2〜3日飲めばすぐに治りますが、急性腎炎、リウマチ熱や血管性紫班病などの合併症を防ぐためにも10日から2週間の間は、抗生物質を飲むことが勧められております。
まし、溶連菌感染症とはっきりと診断された場合は、その家族全員にも注意が必要なため、抗生物質を服用したほうが一番理想的です。
報告によると、兄弟で50%、親で20%感染しており、感染者の50%から80%は発病します。
また、抗生物質を1〜2日服用して発熱や発疹が治まり元気があるようでしたら、登校、登園してもいいようで、溶連菌感染症には、いろいろなタイプがありますが、(日本では約4〜5種類のタイプがあるといわれています)4〜5回は感染する可能性がありますので常に予防をしておく必要があります。
予防の基本はうがいと手洗いです。エアコンや暖房器具などで乾燥した部屋を加湿器を利用して適度な湿度を保つことも大切です。
また、専門医からは、虫歯があると菌がつきやすいと指摘されておりますので、お口に中も清潔にするように心がけてあげて下さい。

アデノウイルスの症状
アデノウイルス感染症の症状
アデノウイルス感染症の治療
溶連菌感染症の症状
溶連菌感染症とは?大人にも?
溶連菌感染症の症状について
溶連菌感染症の治療と予防について
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品